タイトル変えました〜 ubuntuを中心にlinuxのセットアップとか覚書とかをもろもろ書いていきます。あとCisco系のネットワークやjQueryとかも余裕があれば書いていきたい....

GITはあまり必要な方がいないと思っているかもしれませんが、いろいろなファイルのバックアップとしても使えますので導入してみると意外に使い道はあると思います。

。。。で、GITってなんなのかってことですが、ファイルを一括で管理することができるアプリケーションです。 だったら共有ファイルサーバにファイルをためておいて、それで管理すればいいじゃないかという声が聞こえてきそうですが、GITを使うと
  • 自分が持っているファイルとサーバのファイルを同期させる時に、差分を自動的にコピーしてくれるので簡単に最新状態を維持できる
  • 間違ってサーバのファイルを上書きしてしまっても、簡単にサーバのファイルを過去のバージョンに復元できる

という利点があるので、できればGITで管理した方がいいです。

大規模開発になって複数の人が同じファイルを更新するような環境では、簡単に最新ファイルを共有することができるので必須になってきます。
会社などの場面でなくても、複数のメンバでファイルを最新ファイルを共有する必要がある環境だったら入れておいてもいいかもですね。

このあたりを詳しく勉強したければ、git.scm.comやバージョン管理(VCS)で検索すれば、文献がいろいろ見つかるはずです。


GITサーバを構築してみよう へ戻る

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます