タイトル変えました〜 ubuntuを中心にlinuxのセットアップとか覚書とかをもろもろ書いていきます。あとCisco系のネットワークやjQueryとかも余裕があれば書いていきたい....

通信を前提としたパッケージのセットアップなんかもあると思うので、ホスト〜ゲストOS間のネットワークのセットアップを行います。

セットアップ後の設定を見ると「NATネットワーク」になっていました。 これはVirtualBOXがNATルータとなって仮想のゲストOSエリアで独立したネットワークを確保しているようです。 この場合NAT対象のアドレスはおそらくホストOSと同じインタフェースを使用することになり、今回の目的であるゲスト〜ホストOS間の通信をするには向いてません。 なのでここは以下のように「ブリッジアダプター」を選択してやります。


この設定変更はゲストOSが起動していても可能です。 VirtualBOXが勝手にネットワークの設定を変えてnetworkサービスの再起動をしてくます。


日経Linux 2016.10 サーバ得する遊び方100パターンをやってみるに戻る

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます