タイトル変えました〜 ubuntuを中心にlinuxのセットアップとか覚書とかをもろもろ書いていきます。あとCisco系のネットワークやjQueryとかも余裕があれば書いていきたい....

昔使っていたノートパソコンでコーヒーをこぼしてしまい、スペースキーが使えなくなったことがあった。 そのとき次のxmodmapの設定で窮地を脱しったので、メモしておきます。 これでキーボードの修理せずに使うことができます。 ただあまりにも使いづらい場合はちゃんと修理したほうがいいですね。

1. xmodmapで今のキーマップを採る
  以下のコマンドで採れます(ファイルにリダイレクトを推奨)。
$ sudo xmodmap -pke



2. 壊れたキーの部分を探し、代わりに割り当てるキーを決める
  今回は「変換」キーをスペースキーに割り当てることに、スペースキーは65、変換キーは100になります。


3. ホーム直下に「.Xmodmap」なるファイルを作成し、次を入れる
keycode 100 = space NoSymbol space


4. 以下のコマンドを実行して使えるか確認する
$xmodmap ~/.Xmodmap


5. 成功したら、起動スクリプトに追加しておきます。 ここで 「.bashrc」なんかに書いてしまうとターミナルを起動するまで実行されないので、「.profile」あたりに書くといいです。
 ただしあまり早いタイミングで実行されても効かないので、10秒ほどsleepさせておいてくださいね。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます